パワーピストンは電動でピストンが楽しめるオナホ

GENMUパワーピストンを購入して使ってみました。

パワーピストン

 

ついに本格的なピストン運動(ストローク)による刺激が楽しめる電動オナホが登場!その名もGENMUパワーピストンです。

 

GENMUパワーピストンはピストン運動、つまりオナホが前後に動くことによって手コキの刺激がそのまま楽しめます。発売開始とともに迷うことなくすぐに購入しました。

 

実はこれまでピストン刺激のオナホってありそうでなかったんですよね。電池式だと出力が弱くてペニスを入れた途端に止まってしまいます。充電式が普及することによって可能になりました。

 

パワーピストン

買ってみて実際に使ってみたら、この本格的なピストン刺激は文句なしで良かったですよ!値段から言ってもコストパフォーマンスは悪くありません。

 

亀頭から根元まで専用オナホが実に一生懸命シゴイてくれます。ぼくは一切手を動かさなくてももちろん腰を振らなくてもピストンの刺激が楽しめます。

 

刺激が強いのであっという間にイキそうになりますが、電源の反応がよいため、イキそうになったらすぐに止めることもできます。寸止めを何回も繰り返して長時間オナニーを楽しむこともできます。

 

購入した日は3回も楽しみました(笑)。これはマジです。複数回イッたのは、はじめてオナホを買った時以来です。

 

ついにピストン刺激が楽しめるGENMUパワーピストンを購入

 

パワーピストン

待っていたGENMUパワーピストンが届きました。やや大きめのダンボール箱に入っています。取り出すとスターウォーズに出てくるストーム・トルーパーみたいですね(笑)。

 

本体は水筒のにような筒状になっていて取っ手がついています。そこに電源が付いています。

 

中にはGENMUパワーピストン本体、USB充電ケーブル、数回分のローション(50ml)、取扱説明書が入っています。

 

パワーピストン

フタを取り外すと挿入口には真っ白な専用ホールがセットされています。別売で専用ホールを購入する必要はありません。ピストンしても余裕があるように入り口はやや大きめの専用ホールです。

 

本体は軽く、専用ホールを装着しても500gないくらいだと思います。片手で簡単に持ち上げてささえることができます。

 

パワーピストン

こちらがあらかじめセットされている専用ホールです。中を覗くとヒダが奥まで続き、大きめの突起も見えます。滑らかにピストンするようにあまり複雑な起伏はありません。

 

これ単体でオナホとして楽しむのは無理っぽいです。

 

パワーピストン

全部裏返してみると専用ホールの構造がよくわかります。入り口付近はヒダが何層も続いています。カリ部分を刺激する大きめの突起が1列並んだ後は、細かなイボイボが先端まで続きます。

 

この専用ホールがピストン運動をしてペニスをシュポンシュポンとシゴき続けてくれます。

 

本体からカップも専用ホールも取り出すことができます。使い終わったら取り出して丸洗いできるので衛生的ですね。専用ホールは伸縮性があります。

 

パワーピストン

こちらは電源スイッチとピストンの動作パターンを切り替えるスイッチです。

 

実はスイッチの配置がよく考えてあります。おそらく多くの方は動画を見ながらオナニーをすると思いますが、その際右手でパソコンやスマホを操作します。すると左手が空くわけですが、パワーピストンは操作しやすいように左手側に操作スイッチが付いています。

 

こんなところにも見えない企業努力が隠されているんですね。感心します。

 

動画動作パターンは12種類です。最大パワー時はかなり力強く前後に動きますが、駆動音も大きめになります。

 

充電はUSB充電式なのでパソコンにつないでも家庭用電源でもどちらでも大丈夫です。
電池式に比べると、やはり充電式はランニングコストが優れています。それにパワーも圧倒的で、ピストンの力強さがパワフルです。ペニスが太いからといって、ピストンが止まってしまうこともありません。

 

フル充電までは約3時間必要です。連続可動は約2時間ですが、そこまで耐える人はいないでしょうね(笑)。一度フル充電してしまえば、数週間はそのまま使えます。

 

GENMUパワーピストンを使ってみます!

 

パワーピストン

いよいよ楽しみにしていたGENMUパワーピストンを使ってみます。

 

使うときはこんな感じで左手で支えながらスイッチを操作します。

 

軽いので片手を添える程度でペニスに固定できます。

 

付属のローションを専用ホールの奥までしっかりと塗ります。ペニスはフル勃起していなくても、先端が軽く本体に入ります。その状態で電源を入れます。

 

「カコーン、カコーン、カコーン」という機械的な音がします。やはり音は大きめです。気にならない人は多分いないでしょう。

 

使う時は動画を見ながらヘッドホンをするのが良さそうです。

 

インナーのカップが外に5センチほど飛び出すようにピストン運動を繰り返します。ピストン速度は最大で毎分240回ということです。毎分240回ということは、1秒で4回のピストンです!そんな高速腰振りセックスをする人はいないでしょう!(笑)。

 

もちろんピストンの速度は、普通に腰を振るくらいの速度に落とすことができます。

 

いざピストンを開始すると、勃起していなかったペニスも元気になって、そのまま自然に吸い込まれるように奥までペニスが到達します。先端から根元まで包み込むように勢いよくシゴイてくれます。

 

パワーピストン

お!これ、気持ちいい!何もしなくてもジュポジュポと強力にペニスをシゴイてくれます。

 

トルクが強いため、簡単には止まったりしません。無理に根元付近に押さえつけようとするとさすがに止まりますけどね。

 

よほどことがない滑らかにピストン運動を繰り返します。左手を添えているだけで外れることもありません。

 

これだけ強力なピストンなら普通に使っても1分ともたないと思います。短時間ですぐにイキそうになります。

 

しかし、電源スイッチの反応がとても良いため、スイッチを切れば一瞬にして動きが止まります。ピストンの途中でもピタッと止まります。何度も寸止めして長時間楽しむことができます。5回くらいは寸止めを楽しんでください。後はお好みで。

 

気分によって電動オナホを使い分け

電動オナホもいろいろとありますが、刺激の違いを楽しむのも面白いですよ。

 

A10サイクロンSAはまったり長時間楽しめる生フェラの刺激、激震!オナリズムはもてペニスを震わせるような振動刺激、そしてGENMUパワーピストンはストロークによる超高速フェラの刺激を楽しめます。

 

お好みのAVによって是非使い分けてみてください。

 

GENMUパワーピストンを使った感想

 

何と言っても音が大きいですね。音が結構するので家族がいる時には使わない方がいいです。一人暮らしなら問題ありません。

 

やはり動画を見ながらヘッドホンで音声を聞きながら使うのがおすすめです。ヘッドホンをしていればさすがに音は気になりません。

 

ストロークの動きが激しいのでローションはたっぷりと塗る必要があります。水溶性ローションを塗りすぎると垂れてくるので電動グッズに適したアストログライドやVORZEスムースローションを使用するのがよいでしょう。

 

なんといっても、自分の手でストロークする必要もなく、A10サイクロンSA激震!オナリズムと同じようにフィニッシュまで全自動でシゴイてイカせてくれるのがいいですね。この性能には満足です。もちろん布団に寝転がってUFO.SAと一緒に使うのもおすすめです。

 

ハンディタイプのオナホもいいですけど、正直言って価格が1万円ほどでこれだけ楽しめたらおすすめですよ。

 

GENMU パワーピストンのさらに詳しい説明はこちらからどうぞ。
GENMU パワーピストン
GENMU パワーピストン


トップページ セックスフレンドの作り方 女性をイカせるテクニック 潮を吹かせるテクニック 大人のおもちゃ体験記