キャスパーキューティーは抜けないオナホ

バイブ【キャスパーキューティー】を購入して使ってみました。

キャスパーキューティー

 

超人気のバイブ、キャスパーを一回り小さくしたものがキャスパーキューティーです。

 

キャスパーとは登場以来、多くの女性を虜にしてきたGスポット特化型のバイブです。当サイトでも詳しく紹介しているので既にご存知の方もいると思います。

 

しかし、キャスパーは、あまりにもGスポットへの密着感を重視したためヘッド部分が大きく、うまく膣内に挿入できなかった女性ユーザーが少なからずいたようです。

 

膣の挿入口の大きさは人それぞれです。小さめの女性には大型のヘッドは痛くて、すぐには挿入できなかったと思います。

 

そんなお客様の声を反映して、どの女性も満足してもらえるよう挿入部のヘッドを若干小さくしたのがキャスパーキューティーというわけです。

 

さすがこの時代、お客様の要望に細かく答えないと競争に生き残っていきないんですね。それは大人のおもちゃ業界でも同じようです。

 

単純にヘッドを小さくすればいいってモノでもでもありません。開発元のRENDS社によると、膣が狭い女性や出産経験のない女性にとって最適なカタチを追求してゼロから開発し直したとのことです。

 

しかも開発元であるRENDS(レンズ)社は、実際にモニターとして30人以上の女性に事前に使ってもらい、その度に細かい改良点を吸い上げ商品開発に反映させたといいますから、そのこだわり方には脱帽です。

 

これがキャスパーキューティーです。

 

キャスパーキューティー

 

やはりキャスパーと同様にリボン付きの可愛いパッケージに入っています。透明で六角形をしたプラスチックのケースはとても大人のおもちゃが入っているようには思えませんね。

 

彼女にプレゼントしたら「わーい、ありがとう!ところで一体何に使うの?」って思うでしょうね。キュートなデザインとのギャップに彼女はどう反応するか…(笑)。

 

色は落ち着いたブルーです。キャスパーはオレンジ色をしていますが、実はブルー系は収縮色で小さく見える効果があるんです。おそらくそこまで考えてキャスパーキューティは作ってあるんだと思います。

 

キャスパーキューティー

 

キャスパーと比べると大きさの違いは明確です。楕円形のヘッド部分は挿入しやすいように、かなり細くコンパクトになっています。直径は二回りほど小さくなっているような気がします。全体的に丸みをおびた球場で無駄な突起物がほとんどありません。

 

ヘッド部分だけが小さくなったと思っていたんですが違います。横に並べてみると分かるのですが、全体的な大きさも一回り小さくなっています。

 

キャスパーキューティー

 

もちろんクリトリスを挟んで刺激するクリバイブも健在です。こちらも少しだけ細くなっているのでクリトリスに押し当てると隙間が広がりやすいようです。

 

キャスパーキューティーも素材は良質なシリコンでできているのでスベスベしています。女性の柔肌に近い触り心地です。これもキャスパーの人気の秘密なんだと思います。ボディがシリコン製のバイブはあまりありません。

 

もちろんほぼ無臭です。若干臭いはありますが気にはなりません。良質なシリコンの臭いと思えば逆にいい臭いだと思います。

 

電池を入れる時は、やはりキャスパーと同じで蓋はあけにくいです。爪を入れて開けるんですが、少しコツと力がいります。マイナスドライバーを入れれば軽く開きます。

 

操作スイッチはキャスパーと同じです。振動パターンは弱・中・強・強スキップの4種類で、各ボタンを押すことによってローテーションします。音はローターや一般的なバイブと比べるとかなり静かです。「ブーン」という低音です。夜、家族が隣の部屋にいたとしても聞こえないと思います。

 

キャスパーキューティーを使ってみました。

 

何度か彼女にキャスパーを使って楽しんでましたが、正直なところちょっとだけ「無理に入れる」という感じがありました。挿入するのにやはり経験の少ない女性には抵抗のあるサイズであったと思います。一般的なバイブのように正面から簡単には入りません。

 

キャスパーキューティー

 

キャスパーキューティーはヘッド部分が一回り小さいので、よく膣が濡れていればそんなに抵抗なく挿入できます。ヘッド部分の先端から挿入するように、下からすくい上げるように入れれば問題ありません。ヘッドの半分が入ったあたりから飲み込むようにスッポリ入っていきました。

 

もちろん痛くもなかったようです。これは女性の体に優しい挿入感です。

 

キャスパーキューティー

 

キャスパーキューティーが膣内に入ってしまうと、そのまま自然にクリバイブがクリトリスを挟む形になります。キャスパーは2本のクリバイブの隙間が少ないので、かなりクリトリスの上から押さえる感じがあったのですが、キャスパーキューティーは挟み込み感が明確です。

 

その後は手を放しても抜けることはなく固定されたまま、膣内のGスポットもクリトリスも勝手に攻めてくれます!この手放し同時二箇所責めが現在であれば全く問題ありません!

 

もちろん挿入してそのままでもいいのですが、ちょっとだけ前後に動かすとさらに攻撃性が増して彼女の声が大きくなります。そのままでも気持ちいいですが、やはり少し手で動かしたほうが気持ちよさそうですね。

 

キャスパーでイキまくったあとは、ペニスを挿入してピストンしたらとんでもない濡れた音がしました。これはきっと彼女は恥ずかしかったと思います。

 

キャスパーキューティーを使った感想

キャスパーキューティー

 

キャスパーキューティーはサイズ的にはちょうど良い感じで挿入しやすいです。初心者でもそんなに抵抗なく受け入れられます。

 

しかし、それはあくまでもサイズ的に良いだけであって、Gスポット周辺全体を埋めて圧迫する攻撃性はキャスパーに劣ります。さすがに開発に時間をかけているだけあってあの大型ヘッドにはそれなりに意味があったんですね。そのためキャスパーを使い慣れている女性には物足りないと思います。

 

挿入しやすいサイズをとるか、多少挿入に手間取ってもヘッドがデカイ攻撃性をとるか!まぁぼくみたいに両方試してみるのもいいでしょうね!

 

はじめて使う方はキャスパーキューティーで試してみるといいと思います。もちろん従来のキャスパーで満足している女性にはキャスパーキューティーは物足りないと思いますので、わざわざサイズダウンしてまで使う必要はなさそうです。キャスパーでガンガンイキまくってください(笑)。

 

キャスパーシリーズは中イキをしたい女性にはおすすめです。

 

普段クリ派の女性も、キャスパーなら中イキを楽しめます。Gスポットをグイグイ責めるので膣の中も十分に気持ちよくなります。

 

ヘッドのバイブ振動を強くしたり弱くしたりすれば想像以上に楽しめます。音も静かなので一人でオナニーを楽しむ際ももってこいのおもちゃです。

 

クリトリスでしかイケない女性やクリトリスでオナニーを楽しむ女性には、フェアリーミニフェリーポケットミニなどを併用すればイキまくってそれはエラいことになります。おそらくイクのに30秒とかからないと思います。

 

キャスパーキューティー、おすすめですよ!

 

彼女は、「しっかりと女の子の体のことを考えて設計してくれている」と喜んでいました。
使ってみた感想はもちろん超満足ということです。通常サイズのキャスパーも何度も使ってますが、すんなりと挿入できる分好印象だったようです。

 

キャスパーキューティーも破壊力はやばいです。20分近くも入れっぱなしにして遊んでいると、抜くとき吹いた潮がドバっと溢れ出てえらい目にあいました。

 

アソコはキャスパーキューティーにお任せで、空いた両手で上半身を中心にネットリと愛撫すればで彼女も大満足です。

 

超おすすめなバイブですよ!一度お試しください。

 

 

キャスパー キューティーのさらに詳しい説明はこちらからどうぞ。
キャスパー キューティー
キャスパー キューティー

 


トップページ セックスフレンドの作り方 女性をイカせるテクニック 潮を吹かせるテクニック 大人のおもちゃ体験記