CQロールは子宮口の感触が楽しめる半透明なオナホ

オナホ【CQロール】を購入して使ってみました。

CQロール

 

オナホ(オナニーホール)部門でいつも売れ筋上位に入っているCQロールです。人気はセブンティーンボルドーと二分します。

 

まず実際に購入して、ぼく自身が使った率直な感想を書きます。

 

はっきり言って、本物の女性のアソコに入れるよりも気持ちがいいです。

 

理由は簡単です。気持ちがいいように内部が作られているからです。

 

これまでいろんな女性とセックスをしてきましたが、ギュっと締め付けられるような心地良さを感じさせてくれる女性は本当に少数でした。そういう女性は少しのピストンでも気持ちがいいので、普段はなかなかイキそうにないぼくでもすぐにイキそうになります。

 

このCQロールは、緻密に計算された内部の複雑な構造により、そんなギュッとする締め付け感をペニス全体に味あわせてくれます。左手に持って少しこするだけで、イキそうになります。ゆるい女性よりはよほど気持ちいいんです。

 

それから、このCQロールは素材に独特の感触があります。しっとりと少し湿ったような素材なので、ペニスにまとわりつくように吸い付いてきます。いろいろとオナホを試してみましたが、これはかなり気持ちいいです。

 

こちらがCQロールのパッケージ

 

CQロール

 

パッケージの女性のデザインも可愛いですよね。この子に入れるのって犯罪ですよね?茶髪で目がうつろでなんとも表情がいいんです。乳首が髪で隠れているのがまたなんとも言えません。

 

CQロール

 

彼女のCQに入っちゃう、ってどういう意味でしょうか?Gスポットのような性感帯の名称かな?CQロールの「CQ」の意味をずっと調べていたんですが、結局わかりませんでした。ネットでエロサイトから産婦人科のサイト、女性性器の構造にいたるまでさんざん調べたんですが、どこにもそんな記述がありませんでした。

 

で、なんと!分かりました!「CQ」の意味が。「CQ」と書いて「子宮」と読ませるんですね。そりゃ調べてもわかりません。

 

CQロール

 

「イレ心地が半端ない!!タマらないセックス感!」あぁなんてイヤらしいキャッチフレーズでしょうか。

 

このデザインを見るだけでドキドキしてきます。昔深夜にエロ本を買いに行った時のドキドキ感に近いですね(笑)。

 

CQロール

 

パッケージのデザインも凝ってます。最近のオナホは内部のヒダヒダがかなり複雑にできているので使用後に水分やローションが溜まりがちです。しっかり乾燥させて、次回も安心して使ってください。長く使うための保存方法が詳しく書いてあります。

 

CQロールを取り出してみます

 

CQロール

 

開封しました。バージンローションという1回分のオマケのローションが入っています。ビニールに包まれた半透明なCQロールが出てきました。

 

CQロール

 

取り出してみました。長さは約16センチほどです。おそらく長すぎて入らない人はいないと思います。ちょうど良い長さです。

 

半透明なのがエッチでイヤらしいですね。子宮の中を観察しているようです。

 

一般的なオナホと違って、自分のペニスが膣口を入って子宮の中を突き進む姿が見えるような感じです。

 

CQロール

 

入り口のアップ写真です。中のブツブツがわずかに見えます。入り口付近のヒダヒダはまではあまり細工されていないようですが、女性性器をイメージするには問題ありません。

 

CQロール

 

手で持つとこんな感じです。下は平らになっています。そのためテーブルや床に置いて固定して使うことができます。ホントよく考えて作ってあります。実際に机に置いて使いましたが、腰振り感を味わえて、まさにオナホの域を超えていました。

 

CQロール

 

中をグイッと開いてみました。イヤらしいですよね。マジマジと覗く機会ってあまりありませんよね。悪いことをしているような後ろめたさを一瞬感じました。

 

CQロール

 

突起物といい、イボイボといい、よくできています。この突起のような構造が中にもいくつかあります。

 

CQロールは子宮口の感触が楽しめる!

 

CQロール

 

中の構造を見ると、奥の方に、ウリとなっている一段と狭くなった子宮口があります。挿入してみると、狭くなっているのがよくわかります。ここを通過するときに亀頭にがコリッとした感覚とちゅぽんと飲み込まれるようななんとも言えない感触が走ります。これがCQロールのウリの子宮口です。

 

CQロール

 

いくつかオナホは持っていますが、CQロールは中出ししたくなるオナホです。ぼくも購入してしばらくはずっと中出ししてました(笑)。なんとなく中が見えるので本能的に出したくなるんでしょうね。それにピストンしている様子も見えてこれがまた興奮するんです。

 

実際にCQロールに挿入してみました。

 

よーくローションを塗ってペニスを挿入してみます。

 

入り口付近にボコっと盛り上がった丘のような箇所がありますが、まずそこをペニスが通過する際に、亀頭の裏側の敏感な部分を下から「コリッ」と持ち上げてくれます。

 

奥に進むにつれて、裏筋を先端から根本までグイグイと下から突いてくれます。これがなかなか気持ちいい!

 

コンドームの空気を抜くようにCQロールの先端をから空気を抜きます。中の空気を抜くと、モチモチとした独特な素材の触感がペニスにまとわりつくように吸い付いてきます。ペニスとCQロールの隙間がほとんどないくらい密着したバキューム感です!これはスゴい!

 

他のオナホとは明らかに違うCQロール独特の気持ちよさです。これはスゴいバキューム感です。生フェラで強引にペニスを吸い上げられているような気持ちの良さです。亀頭をペロペロと舐められているだけではなく、吸い付くような強引なフェラです。

 

オナホはどれも気持ちいいのですが、CQロールは数回ストロークしただけで我慢できずイッてしまいました。もちろん中出しです。

 

ローションは多めに塗ってください。

 

ペニスを挿入する時はローションを多めにCQロールに挿入してください。それから、電子レンジでローションをあらかじめ温めておくとより人肌に近く感じられますよ。間違ってもCQロールを直接電子レンジに入れないでください。熱々になってペニスが火傷しちゃいます。お湯で温める分にはかまいませんよ。

 

持っていると十分に楽しめるオナホですよ。当分はCQロールを楽しめそうです。

 

本物以上の快感です。おすすめですよ。

 

 

CQロールのさらに詳しい説明はこちらからどうぞ。
CQロール
CQロール

 

>>このページのTOPへ


トップページ セックスフレンドの作り方 女性をイカせるテクニック 潮を吹かせるテクニック 大人のおもちゃ体験記