イカない女をイカせるテクニック

イカない女をイカせるテクニック

下から見上げる女性

イカない女を無理にイカせようとしても、結局イカせることができず疲れるだけで終わってしまうことになることも多いと思います。

 

なんとかイカせようと頑張っても、それだけで女性がイクものでもありません。

 

女性の身体は男性の身体と仕組みが根本的に違います。まずは、そのことを理解することです。

 

無理にいかそうとすれば、女性は返ってそのことを気にして、余計イキづらくなる場合が多でしょう。

 

以前付き合っていた女性は、イクどころか何をやっても感じることさえない女性だったので、イクことなんて夢のまた夢でした。

 

妻や彼女がイッたことがない場合、無理にイカそうとしないで、長い目で見るとよいと思います。

 

大事なのは、少しずつセックスの良さを教えながら、身体と脳の感度を上げていくことです。

 

男女の身体の違い

 

抱き合う男女

男性は、ペニスが刺激を受け、性的な興奮が高まっていけば射精できます。つまりイケます。これは男性なら誰しも経験があることでしょう!

 

しかし、女性の場合は性的な刺激を与えるだけではイケません。それに「精子」のようにはっきりと目で確認できるものがないため、イッたことが明確に分かりません。

 

女性と男性とでは、セックスに関して微妙にとらえ方が違います。男性のセックスはとかく性欲の処理になりがちですが、女性は違います。

 

女性にとってセックスとは性欲の処理ではありません。男性と身体と心の両方で交わります。そのため「愛されている」という精神的なものを感じないとイクこと、つまりオーガズムを感じにくいようになっています。

 

愛するということは短期間ではできないものなのです。日々の愛情の積み重ねの結果、女性が感じるものなのです。

 

もっとも会ったその日に感じまくってイキまくる女性もいますけどね。

 

アダルトビデオの真似をしても駄目

 

ダメ出しする女性

女性をイカすには、女性主体のセックスをするのが重要です。セックスは女性のためにするという意識を持つということです。

 

アダルトビデオでAV男優がやっているようなセックスを真似したがる男性が多いようですが、あのやり方では女性は感じません。

 

アダルトビデオは男性が見て興奮するように作られており、女性向きには作られていません。本当に女性が感じているかどうかも怪しいものです。

 

女性をイカせようと、アダルトビデオで見たことをそのままやれば、女性にイヤがられるのがオチです。

 

ぼくも若い頃、アダルトビデオでしていた男優の行為をそのまま女性に試したことがありますが、ことごとく嫌がられました。それどころか、ただ痛いだで気持ちよくもなんともない!なんて言われてしまいました。

 

それ以降はアダルトビデオの内容は参考にしないことにしています。あくまでもアダルトビデオは男性のオナニー用ということです。

 

オーガズムを感じにくい女性

 

オーガズムを感じにくい女性の場合、女性がセックスを楽しんでいないと思います。

 

徐々にセックスの楽しさを分かるように導いてあげることが大切だと思います。激しいピストン運動が伴うセックスではなく、ゆっくりと愛撫しながら、優しくペニスを挿入するのが良いでしょう。

 

優しい抱擁からはじまって、愛情いっぱいのキス、優しい愛撫、無理のない挿入、そして射精、こんな感じで愛を感じられるような女性主体のセックスをすることです。

 

女性をイカすには、女性が徐々に興奮を高められ、気持ちよいと感じるセックスをすることです。そうすれば女性も徐々にセックスの良さが分かるようになり、次第にイク体質に近づいていくでしょう。

 

アダルトグッズのNLS

 

>>このページのTOPへ


T O P セックスフレンドの作り方 女性をイカせるテクニック 潮を吹かせるテクニック 大人のおもちゃ体験記