ローションで優しく愛撫 | 大人のおもちゃ、アダルトグッズの楽しみ方。

ローションで優しく愛撫

ローションといえば、ソープランドやヘルスで、マットプレイに使うのをまず思い浮かべる方も多いと思います。

 

しかしローションは風俗店で使われるだけではなく、セックスのときに女性が痛がるときや、アソコが乾きやすいときなどにもよく利用されます。ローションはいろいろな使い勝手がある便利な道具です。

 

カップルが使うケースとしては、クリトリスの愛撫や、全身に塗って愛撫するときなどがあげられます。女性性器に挿入しにくいときに潤滑油的に使うこともあります。アソコが乾きやすい女性は適度に塗ると快感度が増します。

 

はじめて触った方はその伸びの良さに驚くことでしょう。少量を体に塗るだけでヌルヌル感は十分ありますので、塗り過ぎないように注意してください。

ローションの特徴と選び方

ローションの特徴

ローションは市販で手に入れることができる精製水とポリマーと防腐剤を少し配合したものでできています。

 

防腐剤は化粧品で使用されている程度のものが入っており、口に入れても安全なレベルのものが使われています。

 

もともと女性の性器を通して体内に吸収されることを前提に作られているため、飲んでも体に害はありませんが、大量にゴクゴク飲むようなものでもありません。やっぱり添加物は大量に摂取するものでもありません。

 

ローションは肌に優しい成分でできているので安心して使えます。

 

中には柿渋エキス、シソエキス、ヒアルロン酸Na、L-アルギニン、モモの葉エキス、マリンコラーゲン、オウゴンエキス、ニンニクエキスなど肌や体にも良い成分が多く含まれているローションもあります。実際に血行促進系の肌にやさしい成分を含んでいるとペニスも元気になるそうです。これは安心というか是非使ってみたいですね。ローションを塗って快感度が増して、ペニスも元気になればいうことはありません。

 

ローションの選び方

ローションと言っても、その成分により種類が異なります。下記にローションの種類と特徴を説明します。

 

水溶性ポリマー系

ヘルスやソープランドで最もよく使われているのがこの水溶性ローションです。ペペやピーシーズといったローションはお世話になった方も多いのではないでしょうか。

 

値段が安いので大量に使いたいときにおすすめです。たっぷりと全身に塗れます。

 

水溶性ローションは乾きやすいのが特徴です。そのため長時間摩擦が続くようなときは継ぎ足す必要があります。ねばねば、どろどろとしたローションです。

 

グリセリン配合系

グリセリンを配合する事により、乾きにくさとサラサラ感を出したタイプです。こちらは乾きにくいので少量を引き伸ばしてつかいます。サラサラとしているので洗い流しやすく後処理が楽です。

 

水溶性非ポリマー系

乾きにくさが特徴です。極少量で良く伸びて潤滑効果があります。オナホを楽しむときは、少量で済むためオナホの内部構造を肌で感じることができます。アナルプレイに向いています。

 

シリコンオイル系

ローションの中でも一番乾きにくく、持続性があります。少量を塗ってよく伸ばせば長時間の摩擦にもたえるのでほとんど継ぎ足す必要がありません。保湿力が抜群です。アナルプレイに最適なローションです。

 

値段の高いローションを購入しないように注意しましょう

 

バラエティグッズショップや大型書店、ドン・◯ホーテなどでもローションが売られていますが、一般的に金額が高いです。

 

通販サイトなどで購入すれば1000円以下で買えます。さらに種類も豊富で、目的に合ったものを選ぶことができます。通販サイトで購入するのが一番オススメです。

 

はじめてのローション

>>このページのTOPへ


トップページ セックスフレンドの作り方 女性をイカせるテクニック 潮を吹かせるテクニック 大人のおもちゃ体験記