激震!オナリズムは手放しでイケる電動オナホ

激震!オナリズムを購入して使ってみました。

激震!オナリズム

 

A10サイクロンSAは内部にセットされた専用ホールが回転することによりペニスを刺激しますが、激震!オナリズムは振動によりペニスを刺激します。

 

「え?振動?そんなのでイケるの?」って思われる方が多いのではないでしょうか。

 

これまでもペニスを振動させるオナニーグッズはありましたが、どれも中途半端で最後までイケるものではありませんでした。

 

最初に激震!オナリズムを知ったときも、値段が安いですし、「本当に最後まで振動だけでイケるの?」って実はぼくも半信半疑でした。

 

しかし、激震!オナリズムを実際に使ってみると大きな間違いでした。今まで経験したことのない気持ち良さに最初は1分ともちませんでした。

 

それ以降お気に入りのオナホになり、最近は激震!オナリズムばかり使っています。慣れないうちはあっという間にイッてしまいます。

 

激震!オナリズムは今までのオナホとは全く違う新しい電動オナニーグッズです。ストロークでも回転でもない振動による刺激を是非一度試してみてください。気持いいですよ。

 

これが最近人気の、激震!オナリズム

 

激震!オナリズム

こちらが激震!オナリズムです。

手のひらに乗るほどのサイズで、重量は270gほどですから片手で軽く持てます。

 

見た感じは黒と白のツートンで目立った突起部分もなく、とってもシンプルなデザインです。グッドデザイン賞のオナホ部門があったら間違いなくトップで受賞でしょうね。

 

押しボタンが1個あるだけで、他にボタンらしいものはありません。しまうのを忘れて机の上に置いたままの激震!オナリズムを家族が見ても、一体何に使うのかは分からないと思います。

 

激震!オナリズム

激震!オナリズムの本体の材質はシリコンでできています。触るとスベスベしていてかなり気持良いです。

 

2つの羽根のようになった部分が筒状になっていて、ここにペニスを通します。羽根のような部分はほぼ固定されていて、力を入れると外に広がります。

 

激震!オナリズム

専用のおもちゃ袋に入っていますが、内容物は本体と充電用のケーブルだけで説明書などはありません。一応簡単な説明が書かれたシールが貼ってあります。

 

電源ボタン1つだけの操作ですから、使い方は簡単です。2秒の長押しで電源が入り、後は押すたびに振動モードが変わります。スイッチは結構固めです。

 

なんと、1分間に4500回転の超振動ということです。これは期待できそうです。

 

激震!オナリズム

本体の中心辺りに丸い縁取りにくミゾ状になった部分がありますが、その下にモーターがあり激しく振動します。

 

トルクのある振動で全体が激しく震え、ペニスを包み込んだまま、強烈に上下左右に揺さぶります。

 

激震!オナリズムはUSB充電式なのでパワーが長持ち

 

激震!オナリズム

激震!オナリズムは充電式です。そのため電池式では実現できないような強烈な振動を発生することが可能です。

 

プラスチックの小さなフタを外すと、専用ケーブルの差込口があります。このフタは小さいのですぐに転がっていきます。無くさないように注意しましょう。まぁ無くしたとしてもそんなに支障はありません。

 

カラの状態から約2.5時間でフル充電できます。
驚くことに連続可動は約60分です。この刺激に60分耐える男性はまずいないと思いますが(笑)。

 

充電式なので使っているうちにパワーが弱くなってくることはありません。しっかりと最後までパワフルにペニスを揺さぶり続けてくれます。

 

ちなみにぼくは一度フル充電した後で、週に3回ほど使ってますが、1か月くらいしてもまだ元気に動いてます。毎回オナニーする前に充電する必要もありません。

 

充電はUSB式なので、パソコンにつないでも家庭用電源からも充電可能です。パソコンでおかずになる動画をゆっくり探しながら充電してください。

 

激震!オナリズムを動かしてみます

 

振動は、弱、中、強の3種類です。あとは変則パターンが2種類あります。変速パターンにはそれぞれ特徴があり、リズミカルに一定のリズムで突き上げてきます。

 

使用中の音はA10サイクロンSAと比べると大きめです。ズドドドドド…と超小型スクーターの乾いたエンジンのような音が響きます。壁が薄いと隣の部屋まで音が漏れるかもしれません。

 

音自体はそんなに極端に大きいわけではなく、あまり不快には感じません。実際ぼくも特に気にすることなく使っています。

 

ただし、使用中に誤って床に落としたら、振動が床に伝わって大きくなって部屋に音が響くので要注意です。

 

激震!オナリズムでオナニー開始

 

激震!オナリズム

さて、いよいよペニスを挿入して激震!オナリズムを体験してみます。

 

ペニスが擦れることはないのでローションを塗る必要はありません。これは手間が省けていいですね。

 

羽根の部分を軽く広げてペニスを差し込みます。ピタッとペニスに吸い付くことはなく、かなり隙間があります。ペニス全体を柔らかく両手で包み込んでくれるようなフィット感です。

 

ボタンを指の腹で少し強めに2秒ほど押して激震!オナリズムの電源をON!

 

「ドッドッドッドッ」と音を立てながら下からペニスを突き上げるように揺さぶるように振動します。亀頭の裏筋の皮が薄い一番敏感なところを的確に責めてきます。

 

これは気持ちいい!1番弱い振動のレベルでもすぐに気持がよくなってきます。と言うか、強くするとあっという間にイッてしまいそうです。

 

ズドドドドドドドドドドドド…容赦なく激しく責めてきます。これはスゴイ!ペニスが振動で圧倒されます。

 

はじめての体験では瞬殺でした。
想像以上によかったです。これはよい方向に期待を裏切ってくれました。

 

イキそうになったら我慢して寸止めをする予定でしたが、ボタン操作に慣れていないため制御不能となってしまいました。どうしても間に合わないようならペニスを抜けばいいんですけどね。

 

一番弱い振動でも1分以内でイケました。その後何度も激震!オナリズムを楽しんでいますが、強振動は一度も使ったことがありません。使ったら多分すぐにイッてしまうでしょう。

 

激震!オナリズム、値段のワリにはよくできた電動オナホです。気持いいですよ!おすすめです。これはしばらく病みつきになりそうです。

 

どの電動オナホを楽しもうか…気分によって使い分け

 

A10サイクロンSAか、パワーピストンか、激震!オナリズムか、時々どれを使おうか迷うことがありますが、動画を見ながら時間をかけてゆっくりとオナニーを楽しみたいときはA10サイクロンSA使います。激しいピストンによる挿入感を楽しみたい時はGENMUパワーピストンを使います。

 

そして速攻でオナニーしたくなったらすぐに取り出せる激震オナリズム、そんな使い分けをしています。

 

A10サイクロンSAもGENMUパワーピストンも、中出ししたら使用後に内部を洗浄して、乾かして、箱にしまうという後片付けが少し面倒に感じることもあるのですが、激震!オナリズムは後片付けも楽ちんです。特に寒い日は激震!オナリズムを選んでしまいますね。

 

もちろん激震!オナリズムはUFO.SAとも相性がよく、時々一緒に使います。激震!オナリズムはローションが必要ないので布団に横になって使ってもローションが漏れることがありません。

 

激震!オナリズムを使った感想

 

シンプルかつ使い勝手がよい電動オナホです。小さいので収納が楽な分、思い立ったらすぐに取り出してサクッと使えます。しかも洗い流すのが面倒なローションも必要ありません。

 

充電式なので電池式では達成できないぐらいパワーがあります。刺激は電マ並です。しかも途中で刺激が弱くなることもなく連続して使えます。

 

シリコンでできているので、本体に射精してもウェットティッシュでふき取ればすぐに綺麗になります。水で洗う際は充電部に気をつけてください。

 

激震!オナリズム

射精するのが気になる方はコンドームをはめて使うのがおすすめです。

 

ぼくはお買い得コンドーム 144個入りを購入して使っていますが、1個あたり10円もしないので遠慮せず使ってます。

 

お値段もお手頃ですしコストパフォーマンスを考えるとかなりオススメです。振動刺激を味わったことがない方は一度経験してみてください。もちろん振動が好きな方にもオススメです。

 

こんなオナニーがあるのかと驚くと思います。

 

激震! オナリズムのさらに詳しい説明はこちらからどうぞ。
激震! オナリズム
激震! オナリズム


トップページ セックスフレンドの作り方 女性をイカせるテクニック 潮を吹かせるテクニック 大人のおもちゃ体験記